日本で唯一の「小中高生のための大学院

<研究という武器を小中高生に、Coda schoolで一人の研究者となる>
Codaとは、曲の途中から最終部まで飛ぶことを示す音楽記号です。
小中高生が、段階を飛び越えて大学院に「Coda」し、研究者の視点に立つことで「学ぶ意義をみつける」ことにフォーカスしていきます。

<小さな研究者の誕生>
自ら研究したいテーマを設定し、客観的に分析・ 研究し、そこで得られた情報をまとめて、文章やポスターを作成して、人が納得できるように発表する。他者を納得させるために徹底的に、客観性を追求するという研究の体験は、小中高生の視点を一気に研究者のレベルに押し上げます。

研究という武器を小中高生に

Coda schoolでは、これからの社会で必要となる「実践的な力」を育むことができます。
▶︎問いをみずから立てて、探究するという主体性
▶︎既知の事実を紐付け、広げ深める発想力
▶︎未知の事柄を受け止め、自分で向き合う思考力
▶︎問いを明らかにするために、諸課題を乗り越えていく問題解決能力
▶︎ 自分の意見を他者に伝え、納得させるためのプレゼン力

総合型選抜・特色入試への対応

2022年度までの国公立入試において、過去5年で総合型選抜(旧AO入試)の募集人員が7割増と急拡大しています。
総合型選抜や特色選抜入試の際に、研究してきたことは力を発揮します。
面接試験では、 Coda schoolでの自身の研究活動を語ることができ、志望理由書においてもポスター(もしくは論文)を研究成果物として提出することが可能で、1歩2歩先を行きます。

文部科学省「令和4年度国公立大学入学者選抜の概要」より
TOP